【ジビエ料理】イノシシ希少部位と珍味の内臓。猟師が経営する民宿でレア肉を食べる夜

猟師が経営する民宿では店主自ら捕獲した猪肉が堪能できた。普段食べられない希少部位や珍味など、他では見ることすらできないようなレア肉まで提供していて驚きが隠せない。今回食べたイノシシ肉の種類はロース・バラ・シンタマ・ウデ肉・ハツ(心臓)・レバー(肝臓)・マメ(腎臓)・脾臓・コーガン・オッパイ・猪骨スープ

【チャンネル登録/コメントお願いします。】
https://www.youtube.com/channel/UCr50EBAoXWoKri-RSciHtPA?view_as=subscriber
【インスタグラム】
https://www.instagram.com/naturehunt.jp/
【ツイッター】

【夜の罠猟追体験!ボソボソプスパス】

【キジトラ招福堂】
https://www.kijitora-shofukudo.com

はてなブックマーク - 【ジビエ料理】イノシシ希少部位と珍味の内臓。猟師が経営する民宿でレア肉を食べる夜
LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*